avatar愛媛以外のお酒『東京會津祭2014』と『せとうち旬彩館』

東京会津祭ポスター

 

7月の話になりますが、上京のついでに『東京會津祭2014』へ行ってきました。

会津の注目蔵元10蔵を東京に迎える、新たな切り口の日本酒試飲イベントで、会津からDJも参加するとか。

主催はWEBメディア『富士虎』さん。今年で2回目の開催とか。

会場はライブで行ったことのある渋谷のクラブ『SOUND  MUSEUM VISION』なので迷いません。

東京在住の友人Hちゃんといざ16:30からの第2部へ。

(前夜もY社長、俳優Iくんと4人で飲んでました。お互い、タフやね~、いや、日本酒愛ですよ♪)

入り口でお猪口をいただいて、まず居場所探し。

会津のDJさん

運よくステージ近くのテーブルをゲット。

これで心置きなく飲めます。

早速、会場探検。

ちなみに参加費2000円ですよ、会津の日本酒飲み放題で2000円!! 

 

Hちゃん

喜多方の大和川酒造店さん。

代表銘柄は『弥右衛門』。

こんな感じで蔵元さんとお話しできる蔵元ブースと

フリースペース

自分で勝手についで飲めるフリー試飲スペース、物販ブースもありました。

和らぎ水も一升瓶で並んでいました。

ガイドブック

観光情報もゲット。

6月にいわきのオリーブ畑のお手伝いに行ったので、そんな話をHちゃんにしつつ

ごきげんさんで飲んでいたら、

蔵元紹介の後、もちまきならぬ『缶バッチ投げ』!!

ちゃっかりゲットしました☆

会津塗

せっかくなので、会津塗のお猪口を購入。

これで更においしく飲めます♪

おつまみ

おつまみはキャッシュオンデリバリー。

会津の郷土料理『いか人参』に『ゆでピーナツ』。

馬刺しや漬物もありました。

会津娘さん

それにしても、蔵元さんも若いし、客層も若いな~。

男女ともおしゃれな人が多いわ。

日本酒の未来は明るいね☆☆☆

会津磐梯山

フィナーレで蔵元さんがステージに上がるとボルテージは最高潮。

熱いメッセージ、しっかりと受け止めました。

最後は皆で輪になって『会津磐梯山』を踊りました。

見よう見まねでHちゃんも私も踊りました。

渋谷のクラブで盆踊りをするとは、突き抜けてるな~。

おもしろすぎる!!会津。気に入ったよ、会津!!

写楽さん

会津を飲みつくしてもまだ19時過ぎ。

立ちっぱなしで疲れていたこともあり、銀座の『夢酒みずき』さんへ。

なんとN店長と友人・徳ちゃんは第1部に参加していました。

そういえば、N店長は二本松の大七酒造さんで酒造りをされてたとか。

そんな話をしつつ、会津祭には出品されてなかった宮泉銘醸さんの『写楽・赤ラベル』を飲みました。


せとうち旬彩館

 

翌朝は目覚めすっきり。

愛媛へ戻る前に、新橋の『せとうち旬彩館』さんへ陣中見舞い。

この日から愛媛の酒統一ブランド“mar(マール)第3弾”の試飲即売会が始まったのです。

mar

朝日に輝く愛しの“mar”たち。

 

社長と店長

こちらも輝く笑顔のY社長とM店長。

あら?ここは松山??(笑)

東京でも愛媛のお酒がたくさん売れますように。

 

 

 

 

1 Comment

One Comment to "『東京會津祭2014』と『せとうち旬彩館』"

  1. avatar 運営管理:ヒメカン より:

    『弥右衛門』!
    このあいだ、神田の「酒趣」という日本酒バーさんで飲ませてもらいました!
    いろいろ飲んだ中で、いちばんおいしかったです。

    喜多方…喜多方というとラーメン…くらいしか思いつかないのですが、福島だったんですね。
    観光協会のサイトに行ったら『蔵とラーメンの町』といううたい文句が。
    そうなのか喜多方。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。