avatar愛媛のお酒IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ) 2013SAKE部門トロフィ―受賞酒発表に“石鎚”!

世界最大規模・最高権威のワイン・コンペティションである

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2013

の”AKE部門トロフィ―受賞酒“が5月20日発表されました。

 

その中で、愛媛県からは” 石 鎚 “が純米酒の部の、県名トロフィーを受賞しました!

①純米酒の部
 ・トロフィ―     出羽桜酒造㈱   「出羽桜 出羽の里」
 ・愛媛トロフィ―     石鎚酒造㈱    「石鎚 無濾過 純米」

②純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部
 ・トロフィ―       旭酒造㈱     「獺祭 純米大吟醸 磨き二割三分」
 ・千葉トロフィ―     (資)寒菊銘醸   「総乃寒菊 純米大吟醸 源作」

③本醸造酒の部
 ・トロフィ―       (資)竹田酒造店  「かたふね 特別本醸造」

④吟醸酒・大吟醸酒の部
 ・トロフィ―       ㈱喜多屋     「大吟醸 極醸 喜多屋」
 ・広島トロフィ―     (名)梅田酒造場   「本州一」

⑤古酒の部
 ・トロフィ―       旭鳳酒造㈱    「旭鳳 大吟醸雄町 21年古酒」
 ・福井トロフィ―     (資)加藤吉平商店 「梵 天使のめざめ」
 ・広島トロフィ―     榎酒造㈱     「華鳩 貴醸酒8年貯蔵」

 

 ※「県名+トロフィ―」は、「トロフィ―」銘柄にはわずかに及ばなかったものの、高い評価を得た産地が異なる次席の銘柄に授与されるものです。

 

このコンペティションの流れについて少し説明します。

このコンペティションで、日本酒部門が創設されたのは、2007年のことです。

7年目の今年は、3月8日にエントリーが締め切られ、4月15日・16日にロンドンに於いて日本酒部門の審査が行なわれました。

 

日本酒部門は5つのカテゴリー(①純米酒の部②純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部③本醸造酒の部④吟醸酒・大吟醸酒の部⑤古酒の部)毎に

審査員によるブラインドテイスティングが行なわれます。

審査の成績により、金、銀、銅、大会推奨酒の4つのメダルが授与されます

メダル結果の発表は、5月13日でした。

 

金メダルは25点(①純米酒の部5点、②純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部11点、③本醸造酒の部1点④吟醸酒・大吟醸酒の部4点⑤古酒の部4点)。

四国では先にあげた、“石鎚”1点のみでした。

 

さらに、各カテゴリーの金メダル受賞酒の中からもっとも優れた銘柄に対しトロフィー受賞酒が選ばれます。

(5月20日発表) ←石鎚は、この段階で 純米酒の部の県名トロフィー受賞なわけですね。

 

さらにさらに、各トロフィー受賞酒の中から日本酒部門最高の栄誉である『チャンピオン・サケ』

7月18日ロンドンで開催されるIWCアワードディナーの席上で発表・表彰されるのです。

何の酒がチャンピオンに選ばれるのでしょうか。今から7月18日が楽しみです。


それはともかく、愛媛、いや、四国では唯一選ばれた”石鎚”さん。おめでとうございます!!

 

↑写真は昨年の“無濾過 純米”の写真。

1 Comment

One Comment to "IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ) 2013SAKE部門トロフィ―受賞酒発表に“石鎚”!"

  1. avatar 酒神23号 より:

    今日(8月1日)の愛媛新聞に、受賞の記事と、越智浩専務と賞状の写真がでていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。