avatarイベント情報平成24酒造年度 全国新酒鑑評会入賞酒が決まりました!

平成24酒造年度全国新酒鑑評会の入賞酒が発表されました。

この鑑評会は、広島県東広島市の酒類総合研究所で行われるもので、
4月23日から25日にかけて予審、5月8日・9日の2日で決審の2回の審査で決定します。

新酒鑑評会出品点数は、全国で864点。
四国からは45点で、我らが愛媛県からは19点でした。
19/864。
全体の2%くらいですね。少ない方……かな?

 

審査結果は、全国の出品酒の中から、入賞酒426点金賞酒233点が選ばれました。

入賞酒とは、出品酒の中で優秀と認められたもの、金賞酒とは、決審において特に優秀と認められたものです。

(非常にざっくりした言い方ですが…)

 

さて、愛媛の結果はというと、金賞3蔵入賞(銀賞)7蔵でした!

受賞された各酒蔵の皆さま、受賞おめでとう御座います!!

 

それでは、入賞されたお酒をご紹介します。(順不同です)

 

○金 賞

  • 石鎚酒造    「石鎚」
  • 八木酒造部   「山丹正宗」
  • 梅錦山川    「梅錦」

○入 賞

  • 栄光酒造    「酒仙栄光」
  • 蔵本屋本店   「行光」
  • 川亀酒造    「川亀」
  • 中城本家酒造  「城川郷」
  • 西本酒造    「虎の尾」
  • 成龍酒造    「御代栄」
  • 雪雀酒造    「雪雀」

 

四 国での金賞酒の点数は、香川県1点、高知県8点でした。

高知県の中で今年“大人の遠足”でお邪魔した西岡酒造店の「純平」も入っていました。

(西岡さんおめでとうございます!)

今週末の大阪である、四国×酒国(チケット完売御礼)にも出てくるかもしれません。参加される皆様お楽しみに!

 

最後に。

金賞を受賞された3蔵は各蔵とも入賞の常連です。

今年のお酒はまだですが、以前の金賞受賞のとき飲ませて頂いたときの写真がありますので、ご紹介してみたいと思います。(さりげに自慢?)

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。