avatar酒蔵を訪ねて「山丹正宗新酒祭り」に行ってきました。

恒例の、「山丹正宗新酒まつり」に行ってきました。

春の「蔵開き」は、高知からの帰りで

写真を撮るのを忘れましたが、

今回は、開場前から行くことにしました。

 

開場前ですが準備は万全のようです。まだ、お客さんはぼつぼつです。

 

新酒祭りですから、当然、”山丹正宗”と杉玉(酒林)をパチリ。

 

新酒をゲットできる「新酒コーナー」と、その新酒が飲める「試飲コーナー」です。

そのコーナーの間に、自由に試飲出来る所もありました。

私も早速、新酒を頂きました。

新酒独特の荒々しさのなかに、甘みを感じる。

今年も美味しいぞ!

 

さあ10時になりました。社長は、試飲コーナーでお客さんをお迎えです。

 

開場と同時に新酒コーナーでは、新酒を買う人で行列が出来ました。

 

 

 

新酒も頂き、さて次は何を飲むか。と思ってたところ

“金賞受賞酒”の横に純米熟成酒(19年)が目に留まりました。

薄い琥珀色のお酒です。

お腹も空いていたので鯖寿司と一緒にこれを飲むことにしました。

旨味が増した美味しいお酒です。

その後も、大吟醸、しずく媛など美味しく頂き、

鳥皮や鳥軟骨もつまみました。

 試飲のお酒を頼んでいると、隣では、「酒粕を21袋ください」と注文している人もいました。

 

 会場内は一杯です。

テントのテーブル席も一杯です。

地元のCATVの女性カメラマンが、山鳥の焼き鳥、伊藤本舗の餃子・鯛めし、光屋の昔しょうゆラーメンなどを取材していました。又、試飲コーナーの社長にも取材されている姿もありました。

 

美味しいお酒を音楽といっしょに……。

“兵頭満とマジョールコンサート”のメンバーも準備をされていました。

今年も大賑わいの蔵開き。ご近所の方も大勢来られているようです。

山丹正宗の八木酒造場は、今治市内のど真ん中、わかりやすい立地だからでしょうか。

来年もまた来よう!

 

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。