avatar愛媛のお酒桜うづまき・夏の気配を味わう会

先日の”半”蔵開きには行けませんでしたが、「桜うづまき」さんが蔵元屋でお酒の会を開いてくださるというので、久々の蔵元会に参加してきました!

桜うづまきさんが、蔵元屋で会を開いてくださるのは今回初じゃないかしら。(違ってました。すみません。2012年に一度記事あげてました。)

3月にバスツアーでお邪魔して以来、気になっている蔵です。

管理人の周りの人たちからも、

「吟醸酒がすっきりしててここ最近飲んだ中で一番おいしかった」とか、

「若い杜氏さんが入って、ここ5年内に劇的変化を遂げそうだ」とか、

「梅ホワイトまた飲みたいわー」とかよく名前が上がるようになってきてるんですよね。

 

 

7時のスタートを前に、ウェルカムドリンクww 

をふるまってくださったのは現社長の篠原さん(兄)。

この大吟醸のうすにごりが、またおいしい!!

甘酸っぱくてお米の味がしっかりするww

冷でもおいしかったのですが、

後でお燗でいただいたら、これがまたww 

お燗によくあるアルコール臭が全くしないのですよ! 

お燗苦手の私でも飲めました!



 

ウェルカムドリンクに続いて、乾杯のお酒になった

咲くら 夏の気配 sign of summer」。

すっきりと飲みやすく、理想的な辛口。

 

・・ところで常々思うのですが、辛口の定義って人それぞれですよねぇ・・・。

私の中での「辛口」は「水のようにすっきりした後味の酒」なんですが、みなさんはどうですか?

 

さらにさらにすっきり系が続きます。

ラベルもすっきりの「さらり」。

「夏の気配」よりはほんのり優しい味です。

でもくいくいいってしまうのでこれもヤバい系だww

手前の冷奴に合うので、お酒もやっこもあっという間になくなりました。

もうちょっとひややっこ食べたかった・・・。



本日の「二大ゲスト」。

「2016年ミス・日本酒 愛媛代表」の大濱さん(左<当たり前だ)と、

「桜うづまき酒造」の篠原会長(右)…であると同時に、

現「日本酒造組合中央会」会長でもあるという・・・。

そう、つまり日本中の酒造組合の、トップであらせられるお方なのです。

今は蔵は息子2人に任せ、ご自身は、日本の国策として、世界にSAKEを広めるために走り回っていらっしゃいます。

本日もちょこっとだけ、そのお話をしていただけました。

酔っぱらってほとんど覚えてない鳥頭なんで、詳しいことはご勘弁を・・・。

 

大濱さんとは、ほぼ3年ぶり?くらいの再会ですが、相変わらずおふつくしい・・・・。

聞けば今年は「利き酒コンテスト」にも出場されるとか。がんばってください!!

 

 

気づけばほとんどのお酒を飲みつくしww

全部「くいくいいっちゃう系」なんですものww

 

そして満を持して待ってました!の

梅ホワイト」!

桜うづまきさんといえば「にごり酒」が有名ですが、

こちらは、梅酒とにごり酒のブレンド

このお酒は絶対女子受けすると思うのですよ。

梅酒とにごり酒のリキュールって、他ではあんまり見ないですし。

もっといろんな酒屋さんで取り扱ってほしいなあ・・・。

 

 

 

最後に、篠原ご兄弟のツーショットで。おいしいお酒を、どうもありがとうございました!・・って、

あれ、ちょっと待って、、、専務が持ってる「無濾過生原酒」、今回私飲んでない・・・・?

痛恨の極みなんで、また蔵元屋で見つけたら飲もうと思います。

 

今回は「夏の気配を味わう会」ということでか、全体的にすっきりめのお酒が多かったです。

特に、最初のウェルカムドリンクで飲んだ「うすにごり」が私好みの甘酸っぱさww

まだまだ愛媛以外では知名度低い蔵なんですが、今後の注目株ですよーーーww

 

 

 

 

No Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。